不動産売却についての情報サイト


不動産売却とは

不動産売却依頼する際の注意

不動産売却依頼する際の注意 不動産売却を依頼する時は、会社の選び方に一番注意が必要です。
大事なのは1社のみの査定で済ませないことで、そうすると査定額が高いのか低いのかよくわかりません。
各不動産会社によって得意不得意分野が全く違うので、目的に合ったところを選ぶことが大事です。
たとえば売りたい物件がマンションであれば、マンションの売却が得意な業者を選択する必要があります。
不動産売却に当たって重要なのは、複数の不動産業者に査定をしてもらうことです。
少しでも高く売りたいならこの方法は必須で、複数の業者に査定を出すことで自分の家の売却相場がわかり、怪しいところをふるいにかけることができます。
今の時代は便利な一括査定サービスがあり、パソコンやスマートフォンで物件情報を入力するだけですぐに全国にある優良な不動産業者から最高売却額を知ることができます。
もちろん調べたからといって必ずしも家を売る必要はなく、簡易査定なので家に訪問される心配もありません。
不動産売却を検討しているなら、最適な選び方が実現できる便利で簡単な一括サイトを利用しましょう。

不動産売却をお願いする会社を選ぶ際の注意点

不動産売却をお願いする会社を選ぶ際の注意点 不動産売却をお願いする会社を選定し媒介契約を結ぶ際には媒介契約の種類に注意しなければなりません。
一般媒介契約、専任媒介契約、専属媒介契約の3種類存在しそれぞれに特徴があります。
一般は同時に複数の所で契約を締結できますが専任、専属の場合は1社としか契約できないという特徴があります。
不動産売却する側としては専任、専属の方が仲介手数料を受け取れる可能性が高まるため専任や専属での契約を希望するのが通常なのですが、まだ信頼できる所が決まっていない場合には一般で契約しておいた方が良いでしょう。
有名だから、近くにあるからといった理由で1社だけに査定を依頼するとその会社が不動産を高値で売却してサービスも良い所なのかただ手っ取り早く仲介手数料を多く取ることだけを考えている所なのか分からないので不動産を査定してもらう際、何度か不動産売却をしており信頼できる1社がある等の理由がない場合は何社かに必ず見積もりを取るようにしましょう。


Copyright 2018 不動産売却とは All Rights Reserved.