手間を減らしてくれる仲介


不動産売却とは

手間を減らしてくれる仲介

手間を減らしてくれる仲介 不動産売却の方法としては、自分で全ての手続きを行うものと、仲介業者に任せるというものがあります。詳しい知識を持っている人であれば自分で行うこともできるかもしれませんが、ほとんどの人は取り扱いにされていないはずです。雑多な業務に追われて悩まされるよりも、仲介してくれる業者にお願いしたほうが何かと有利です。
なぜ業者に任せた方が良いのかと言うと、物件に興味を持った人とのやり取りを自分で行わなくても済むからです。例えば土地を売りに出したい場合、自分で行うとなると常に買い手が来るのを待っていなければなりません。早く買い手が見つかるように宣伝も行わなければなりませんから、とても一人でできるものではないでしょう。
しかし不動産売却を業者に任せれば、非常に楽になります。興味を持った人への対応もしてもらえますし、宣伝も効率よく行ってくれるので早く買い手が見つかることが期待できます。専門知識が必要な手続きも任せることができるなど、多くの利点があります。

本人確認のため権利証が必要

本人確認のため権利証が必要 不動産売却には、権利証が必要になります。なぜ不動産売却に必要なのかというと、本当の売り主であるかの確認をする必要があるからです。もし、本当の持ち主ではない人が不動産を売却しようとしたら大変だからです。
権利証を紛失してしまいないという場合には、登記識別情報が必要になります。今では、この登記識別情報は法務局に申請をすれば出してもらうことが出来ます。真の持ち主であることを証明するには、登記簿謄本を必要としますが、登記簿謄本に記載されている名前と真の持ち主が違う場合もあります。そのため、登記簿謄本と固定資産税の納税証明書も必要になります。また真の持ち主の印鑑証明なども必要になり、売り主本人であるかの確認が行われます。それにより、本当にその不動産の持ち主であることを確認してから不動産売却の手続きは行われます。その後、不動産が売却されると登記簿謄本が書き換えられます。不動産という大きな物を売却する際には、本人確認が大切なので事前に用意しておきましょう。


Copyright 2018 不動産売却とは All Rights Reserved.