不動産売却による税金対策


不動産売却とは

不動産売却による税金対策

不動産売却による税金対策 不動産売却をすると多くの現金を手に入れることができます。ただ注意点として相続や土地の売却などをしたときには税金がかかってしまうので気をつけましょう。どのような税金がかかるのかというと印紙税や譲渡所得課税などが発生します。こちらは譲渡所得を所得税か住民税の%でかけた金額が必要になるので注意です。

不動産売却時にかかる税をできるだけ削減したいときには特例を使うのが基本と言えます。これは3000万円特別控除と呼ばれるものが用意されています。文字通り3000万円までの差し引きが適用されるのが特徴です。例えば3000万円の住宅を購入したときに3000万円の控除を受けると、実質課税額はゼロ円となるのでお得感が高いでしょう。これは2019年末までに適用されるものなので、これから購入を検討している方は早めに住宅を購入するのがおすすめです。

売却時の利益が3000万円以下なら譲渡所得に対して課税はされないので安心といえます。

不動産売却による売却益は特別控除による節税が可能です!

不動産売却による売却益は特別控除による節税が可能です! 不動産売却で利益が生じた場合には、利益の分に対して税金の支払いが必要になります。所得税や住民税などの、譲渡所得税が発生することになるのです。ただし実際の不動産売却では一定の条件を満たすことにより、売却の際の利益には一定の控除が適用されることになります。これらの控除を上手に活用すれば、税負担を軽減する節税が可能になるのです。

売却の対象となる不動産が自宅など居住用のものである場合には、譲渡所得から3000万円を差し引くことができる特別控除が適用されます。利益が3000万円までは非課税となりますし、3000万円を超える場合には超過分のみが課税されることになります。特別控除が利用できるのは3年に1回のみとなるため、前年や前々年にすでに適用を受けている場合には当年度における利用はできないことに注意をしてください。また住宅ローン減税の適用を受けている人の場合には、当年度については住宅ローン減税または譲渡所得の特別控除の、いずれか一方の適用を選択することになります。


Copyright 2018 不動産売却とは All Rights Reserved.